わくわくワーク

wakuwaku-r

事業所の概要

施設名 わくわくワーク
種類 障害福祉サービス事業所
就労継続支援B型事業
経営主体 社会福祉法人 金曜会
開設 平成9年4月1日
定員 就労継続支援B型36名

 

連絡先

住所 〒701-1211岡山市北区一宮339-6
電話番号 086-286-0951
FAX番号 086-284-9364
E-mail wakuwaku@circus.ocn.ne.jp

 

事業所の目的

主に18歳以上の知的に障害のある人たちに、作業支援、生活支援などを通じて、社会参加・自立、就労移行していくために必要な、それぞれに合った支援を行うことを目的としています。

 

事業内容

社会参加・自立・就労移行を目指し、個別の支援に努めます。そのために必要な以下の作業を設定しています。

就労継続支援B型事業

  • 北ふれあいセンター清掃作業(施設外就労)
  • 内山工業作業(ベアリング計数、バリ取り作業)
  • 中国ゴム作業(医療機器ゴム部品検品、計数、袋詰め作業)
  • 食品加工作業(こんにゃく、その他の食品製造加工・販売)
  • 作業製品販売活動(納品、催事販売、地域販売・尾上地区)
  • ヒカリゴム・山室ゴム作業(自動車部品バリ取り作業)
  • 農耕作業(アイガモ農法による稲作、マコモタケ栽培)
  • 食品加工作業(みそ委託販売)
  • 作業製品販売活動(地域販売・一宮地区)
  • 山陽新聞社緑化作業
  • リサイクル作業(空き缶、ペットボトル回収)
  • 公園管理(一宮ももっ子広場清掃)

 

利用者への支援

(1)作業・就労支援

さまざまな働く場を提供し、労働を通じて、働く喜びと充実感をもつことにより、意欲・忍耐・協調性が養われるよう支援します。

また、就職を目指す方を対象に職業評価、職場開拓などを行います。

(2)生活支援

健康面、安全面など生活上の支援を行います。また栄養に配慮した食事(昼食)の提供を行います。

(3)自治会、行事活動

利用者の日頃の要望を話し合う場として自治会活動(自治会名:ひまわりの会)を行います。また季節感の味わえる行事、文化やスポーツに関する行事を設定し、集団で活動する楽しみを味わい、地域との交流を深め、社会参加を推進します。

(4)協力医療機関(青木内科小児科医院)を中心に利用者の健康管理に努めます。

(5)退所後の支援も行います。

 

日程

time-01

 

日曜日・祝日・年末年始・その他の休日はわくわくワーク年間カレンダーによる

 

職員構成

syokuinn-01

案内図

 

 

通所方法

JR吉備線 備前一宮駅 徒歩15分

中鉄バス 小松橋下車 徒歩10分 中川橋下車 徒歩5分

通所バスを運行しています。詳しくは、ご相談ください。